弁護士事務所の元内勤が答える!過払い金・債務整理

弁護士事務所の内勤の経験から、過払い金回収と債務整理の疑問に答えます。

過払い金は弁護士に相談しない理由がない

過払い金とは

過払い金は取り返せる!

最近TVやラジオで耳にする過払い金、こういうもの!

借金をしていた人が、返済してきたお金のうち、本来払う必要のなかった利息分まで多く返してきたお金。

 

つまり、法の抜け穴を狙って業者が利息を多くとりすぎていたのです。だから、取り返すのは正当な権利です。実際、大手弁護士事務所では年間数

カードローンや消費者金融などで現金を借りたことがあるあなた。
過払い金は取り返せます。

 

なぜ業者は多くの利息を取ることができたのか。


ズバリ、金利にグレーゾーンがあったからです。
業者がお金を貸すときの金利には上限があります。それは法律で縛られています。しかし、紛らわしいことに、ふたつの法律があったのです。

 

ひとつが利息制限法。(利息15~20%)
もうひとつが出資法。(利息29%)

 

利息制限法の上限は、低い金利ですが、それを上回る利息をとっても罰則はありません。
出資法の上限は高い金利ですが、それを上回ると罰則があります。

業者はお金に困っている消費者の足元を見て、なるべく高い利息でお金を貸したがります。一応利息制限法に従って低い金利にすることが求められます。しかし、それを破っても罰則が科されないから、より高い金利で貸していました。

 

ではどのくらいか高い金利だったかというと……
罰則のある出資法金利(29%)の範囲で、罰則に引っかからないように貸して法外な金利を取っていたのです。

このようなダブルスタンダード二重基準)があったがために、法的な抜け穴がありました。それを業者が不当に利用していたのです。

 

 

Q本当に取り返せるのか。


なぜ今過払い金なのか。

 

過払い金の仕組みはわかっていただけたのではないでしょうか。
それでも、こう疑問に思うかもしれません。

 

なぜ今過払い金が騒がれているのか?
昔から多くの利息を取っていた業者はたくさんあったはずなのに、なぜその時から過払い金の請求ができなかったのか?

 

と。
実は、昔からそのような意見は一部ではありました。そこで、借り手が業者に訴訟を起こしたということもありました。

初めて過払い金の返還が認められたのは2006年のこと。最高裁判所で過去の過払い金を請求できるという判決が下りました。

2010年に改正法が施行され、その結果、どの業者も利息制限法の低い金利に統一されるようになりました。
このような流れの中で、弁護士や司法書士などが過払い金請求に動き出しました。

 過払い金請求は、弁護士事務所にとってもみなさんのような多く払いすぎていた人にとってもメリットのある話です。弁護士からすれば仕事が増えますし、みなさんにとっては不当にとられていたお金が返ってくるわけですから。

 

一度納得して業者と契約したことなのに、後から払いすぎたから返してくれと言っても通用するのか?

 通用します。そもそも業者は強い立場を利用して、法的にはグレーであるのに罰則がないことを利用してみなさんに不当に高い金利を要求していました。もともとの契約自体が一方的だった時、ハンコを押した後でもその契約が覆るのは先進国の常識です。

ですので、過払い金は取り返せます。

実際、アコムなどの消費者金融は、払いすぎた分を遡って計算して、お返しするための費用を準備しています。会計用語で、「引当金」(将来の支出への備え)と呼ばれるものです。これこそ、貰いすぎた利息は返す準備をしているということの何よりの証拠です。

 

心配な疑問に答えます。


 たいていの方が弁護士事務所にいくのが初めてでしょう。敷居が高そう……、費用が高そう……誰かにバレルのかな……。しかし、私の働いていた経験から言えば、そのような心配は当たらないと思います。

 

誰かにばれない?


 弁護士に相談に行ったり、過払い金回収の手続きをすれば、家族や会社にバレるのではないか……。そう思う気持ちはもっともですが、基本的にばれることはありません


過払い金はそもそも個人と業者の融資の契約についてのものです。ということですから、手続きに保証人が必要だったり、会社に確認が行ったりということはありません。


 事務所からの連絡も、指定した連絡先にだけしてもらえますし、事務所名を名乗らないで個人名で連絡を貰うことも可能です。郵便物も、送り主は事務所名でなく個人名で出すということも可能です。


 債務はデリケートな問題です。過去のものであったとしても、人に知られて気持ちの良いものではありません。また、個人情報も扱います。事務所はそのような事情を分かっていますから、基本的に行き届いた配慮をしてもらえます


 無料相談も、プライバシーに配慮しています。個室であるのはもちろんです。たいてい主要な駅前などのテナントが沢山入っている大きなビルに事務所を構えています。万が一近くで知り合いと会っても、あなたがどのテナントに行こうとしているのかわからないようになっています。


ブラックリストに載らないの?


金融業者は信用情報機関を通して、融資を受けている顧客の情報を共有しています。誰に返済能力がある、あるいは、ないのかを把握することで踏み倒しを防ぐためです。それを見れば、借金の返済が滞っているのかが分かります。


返済に遅れが出たり、債務整理をすると「事故」としてあなたの情報が一定の期間登録されてしまいます。これがいわゆるブラックリストです。ブラックとして登録されてしまうと、その期間は借入やローン契約が難しくなります。

 

過払い金回収ですが、すでに完済したものについては過払い金請求をしてもブラックリストには載りません。なぜなら、ブラックリストは返済能力があるかどうかを見るためのもので、すでに完済していれば能力があるとみなされるからです。過払い金を請求したとしても関係ありません。

 


ただし、返済中の場合は注意が必要です。はじめから法定利率なら本来完済していたはずなのに過払い利息によってまだ返済中なのであれば、ブラックリストには載りません。正規の金利なら返済能力があるところ、グレーゾーン金利によって完済ができていなかったというだけのことですからね。このケースは、今返済中だが過払い請求することによって完済できるという場合です。


しかし、返済中のものに過払い請求をしてもなお完済できない場合は、ブラック登録されてしまいます。なぜなら、それは弁護士が個人と業者の間に入って借金の返済を楽にする「任意整理」という扱いになってしまうからです。たとえ過払いの請求だとしても、その事情は考慮されません。任意整理するのは、返済能力がないからだとみなされてしまうのです。

 

ですから返済中の方で、過払い金請求したいという方はブラック登録に注意が必要です。ポイントは、過払い金回収によって、即完済ができるのかどうかです。とはいっても、完済ができるかどうかの計算なんて普通の個人にはできません。


ではどうすればよいのか?


じつはこの判定も、弁護士がやってくれます。多くの事務所は無料相談のうちであることが多いように思います。個人で業者から過去の取引履歴を取り寄せ、それを弁護士に見てもらえばよいのです。これであればブラック登録されず、過払い金の状況が分かります。その取り寄せ方法なども弁護士に相談すればアドバイスしてもらえます。

 

POINT
完済した債務ならブラックリストには載らない!
返済中なら、まずは無料相談でブラック登録されないか弁護士に相談すべし!

 

完済の方は安心して過払い請求をしてください。
返済中の方は、まずは弁護士に相談してみてください。繰り返しているように、返済中の方でも弁護士に相談するだけではブラック登録はされません。ブラック登録されて困る人は、まずは弁護士にそのことを話してみるとよいでしょう。

 

弁護士・司法書士に依頼する場合の費用はわかりやすい

ほとんどの事務所は相談無料です。普通弁護士に相談する場合は30分5000円程度かかります。弁護士に相談に行って、過払いがあるかどうか調べてもらうだけでも無料でできるという点で魅力です。


過払い金が無いと判断された場合や、過払い金があっても依頼しない場合でももちろん無料です。費用が発生するのは、過払い金回収の依頼をする場合だけです。

 

しかもそれは返済中の場合のみ、着手金は1万~数万円の場合が多いようです。完済ずみの場合は着手金無料の場合が多いです。


それ以外の報酬については、ほとんどが成功報酬タイプであり、実際に回収できた額のうち2~3割が相場です。


つまり、完済の場合は、持ち出しは無い完全成功報酬型、返済中の場合でも持ち出しはわずかで損はないというシステムです。

 

POINT
相談だけなら無料。過払い金がどれくらい出るかの仮計算までしてくれる。
 完済しているなら費用は持ち出しなしで、成功報酬のみ。
返済中なら着手金1~数万円程度+成功報酬。

 

 

自分で過払い金回収はできないの?

制度上できます。ただし、注意が必要ですし膨大な手間がかかります

注意とは、返済中の債務であれば過払い請求した時点で、業者からすれば「返済能力が無いから過払い金の要求している」とみなされ、任意整理の扱いになってブラックリストに載る可能性があることです。わずかな弁護士費用をケチったばかりにクレジットカードの審査や自動車・住宅ローンの審査に落ちたら嫌ですよね。


その点弁護士はどうすれば載るのか、載らないのかを熟知してアドバイスを貰えますから活用した方が確実です。

 


また、過払い金は必ずしも全額を回収できるわけではありません。プロである弁護士の交渉次第でも多い、少ないはあります。まして個人が相手となると、足元を見られて満足いかない結果に終わることにもなりかねません。

信頼できる弁護士ほど、回収額が多い傾向にあるようです。報酬を払ってでも初めから弁護士に頼んだ方が、手元に多くお金が残ったのに、というケースは少なくありません。

 

手間とは、役所仕事と同じで法的な手続きを個人でするのは大変だということです。そもそも業者はプロです。いつも弁護士と交渉しているのに素人が個人的に請求しても相手にされない場合がほとんどです。例えば某消費者金融は、よくCMで見る大手法律事務所の対応のための専用窓口を用意して交渉に対応しています。

制度上は個人でできるのですが、弁護士に頼めばほぼ任せっきりで回収できます。餅は餅屋で、プロに任せた方がはるかにスピーディに手間いらずに回収できます。

 

過払い金回収は急いだ方が良い。


過払い金は、弁護士に依頼してから回収して現金が手元に戻ってくるまで時間がかかります。今資金に余裕があるならよいかもしれませんが、急な出費でまたキャッシングに……というのは、過去に不当にとられすぎた利息が原因で、また今も利息を払って業者にお世話になることです。これほどばかばかしいことはありません。

お金がないよりはあった方が良いのは当然ですが、弁護士へ相談するのも急いだ方が良い理由があります。

 

弁護士に依頼してから回収まで3カ月~半年くらいかかる。


 弁護士に相談して、過払い金が回収できそうだと判断した場合、業者に過去の取引履歴の明細を請求します。それが手元に届くまで早ければ1~2週間、遅い業者では1~3カ月かかります。結構かかりますね。


これはどの事務所から請求しても同じです。過払い金を請求する方が増えていくにしたがって、業者の仕事量が増えているため、これは仕方がありません。
さらに、そこから弁護士が業者との交渉に当たります。それから過払い金が手元に戻ってくるまで、2~3カ月程度かかります。完済10年の時効が近いからと言って、急いでもらうことは原則できません。これも業者の仕事量が増えて追いつかないからです。

 

今すぐ欲しいお金を、法定金利よりも多く返済しているのに、それが返還されるまで待たされて二重で苦しい思いをするのは何ともはばかばかしい話です。それに、返還されるまでの3カ月~半年の間にまたお金が必要になるかもしれません。

迷われている方は、すぐにでも無料相談するのが良いでしょう。なにせ無料ですから損はありません。

 

絶対に気をつけたい時効


 既に完済している業者については、絶対に気を付けてください。過払い金回収には時効があります。完済から10年経つと、いくら過払い金があったとしても時効で取り返すことができません


 仕事などで忙しいから、という理由で先延ばしにするのは、楽に手に戻るはずの過払い金を失う代わり、苦労して目の前のお金を稼がなければならないという本末転倒な状況です。


 過払いなのでは? と思われることがあれば、すぐにでも事務所に相談されることをお勧めします。

 

私の実感
実際、私がこの仕事を始めてから、時効というケースが多くあります。以前からテレビCMを見て過払いを調べようと思ってはいたけど、勇気が無くて……忙しくて……と先延ばしにした結果、いつの間にか時効が成立していたケースもあります。

私はそのたび、本当にもったいなく、悔しいと感じてきました。もっと早く相談してくれれば……


今は過払い金回収の弁護士事務所は増え、弁護士、事務員とも充実しています。敷居が高い、高額な成功報酬がとられるのでは、と心配するのは分かりますが、一度勇気を出して来所してみるとそのイメージのギャップに今までの心配は何だったのだろう、と満足される方ばかりです。


特に10年くらい前に完済している方は、すぐにでも弁護士に相談してください。それ以外の方も、まず無料相談だけはお早めに活用されることを強くお勧めします。

 

業者が潰れたら終わり

業者も潰れます。武富士などは破綻した代表例です。多くの過払い金を抱えて破産して、過払い金の回収ができなくなりました。特に最近は過払い請求の件数が増えています。中小、大手にかかわらず、体力のない業者は潰れる可能性があります。その場合は泣き寝入りしかありません


このようなことをよく耳にしませんか?

アコムなら三菱UFJ銀行系、プロミスは三井住友銀行系、レイクなら新生銀行系です。これらの会社は元々独立していましたが、過払い金請求が増加する中で財務状況が悪化し、大手銀行が救済に入ったという経緯があります。これはCMでおなじみの業者でさえも体力に不安があったということの証拠です。

 

ただ、どの業者が危ないのか、いつまで持つのかはなかなか分かりづらいもの……ですので、潰れてしまう前にお早めに弁護士に相談することをお勧めします。
 
 

無料相談に行くことのデメリットはないの?

中立的な立場から自信を持って言えます。無料相談のデメリットはないと言えるでしょう。


今は過払い金バブルになっています。多くの弁護士・司法書士事務所が過払い金回収をしようと顧客を奪い合っている状況です。顧客に来てほしい事務所は、ほとんどが相談無料で専門家と話ができます。これだけでもメリットでしょう。


また、顧客を獲得する競争をしている以上、事務所は何といっても信頼が第一です。無料相談と謳っておいてお金を取るなんてもっての外。過払い金以外のサービスを無理やり押し付けてお金を取ろうとすることも信用を傷つけます。自殺行為です。


(ただし、無料相談後、弁護士に依頼をする段階になれば話は別です。その時は弁護士費用や、報酬額がかかることがあります。また、場合によってはブラック登録されることもあります。それは弁護士が詳しく教えてくれるので、確認してくださいね。)


事務所へ無料相談に行くまでの流れ


まずは、メールや電話などで過去から現在の借入の状況を弁護士事務所に伝えます。そのうえで、過払い金が発生しそうな場合は事務所に無料相談に行くという流れです。

回収見込みがあるかどうかは無料で事務所に行かずに診断してもらい、そのうえで回収の可能性がある場合だけ事務所に足を運ぶこともできます。事務所に来てくださいと言う場合はほとんどが過払い金が回収できる可能性がある場合ですし、相談料は無料の場合が多いので、無駄手間や無駄な支出がありません。

 

WEBor電話で無料診断
→過払い金の可能性がある!と判明
→事務所にて弁護士・司法書士との無料相談
(トリ返せますか?)
→依頼(ここで着手金の場合も)
→過払い金回収に成功! 成功報酬として回収額の2~3割を弁護士に支払い


「過払い金があるかわからない……」
チェックリスト
【必須条件】
・2010年よりも昔に借入を始めた。
・完済してから10年以内、もしくは返済中(一時的に取引の空白時期があってもOK)
・ショッピングなどではなく、現金を借りた

これであれば、過払いが発生している可能性が非常に高いです。
ぜひ弁護士にご相談ください。

・クレジットカードのショッピング、銀行借入、自動車・住宅ローンなど。
・過去に任意整理や再生などの手続きをした。
・業者は存続している。(武富士、SFCGなどはNG)